« アメリカからの届け物 | トップページ | 久しぶりの鎌倉 »

2015年7月 1日 (水)

再び一人ぽっち

Imgp4853

寝室の住にゃんゴクミ、また一人ぽっちに

今日7/1はアイルトンの誕生日でしたが・・・

Imgp4855

17歳をむかえることは出来ず、4/5に天国へ旅立ちました

今日までなかなか報告出来ずに来てしまいました。

Imgp4846

やっと寝室にも馴染んできたところでしたが・・・

食べることが出来なくなってからはどんどん衰弱していってしまいました。

それでも病気知らずで来た最長老アイルトンは頑張ってくれました。

見送るのは一緒に過ごしてきた者として当然の事ですが

幾たび見送らなくてはならないのかと絶望的な気持ちにもなります。

当たり前ですが慣れるものではありません。

アイルトン享年16歳9ヶ月・・・思い出を胸に・・・

Imgp4854_3

寝室でまた一人ぽっちのゴクミは、すっかり甘えん坊になってしまいました。

« アメリカからの届け物 | トップページ | 久しぶりの鎌倉 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

そうでしたか・・・アイルトンパパのご冥福を心からお祈り申し上げます。

天寿を全うし、楽しい思い出をたくさん残して旅立っていったアイルトンくん、きっと幸せな人(猫)生だったのではないでしょうか・・・お見送りするのはいつも辛いことですが、ネコとの暮らしは楽しいことばかりだし、思い出は永遠です。やめられませんよね・・・

うちのモデナは今、ブルドーザーのような勢いでゴハンを食べた後にドベンと横になり、名前を呼ばれると喉をゴロゴロ鳴らして答えます。これからもたくさん笑わせ続けてくれるでしょう。息子はお蔭様で元気です。

天国のアイルトンくん、安らかに!

シューさん、モデナ君元気で何よりです。

食べること=生きること
もりもり食べるモデナ君は頼もしいです。

短い間でしたが最後の時を寝室で過ごすことが出来ました。
共に過ごせたことが、何か啓示のようにも感じます

ミサト母さんは最近健康診断しましたが、健康優良でした

合掌(人><。)

あさひさん、ありがとうございます

生き物と暮らすとは最後まで見届けると言うこと
家族ですから当然です。

かけがえのない思い出を残してくれますが・・・
やはり、まだまだ寂しく辛い気持ちです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び一人ぽっち:

« アメリカからの届け物 | トップページ | 久しぶりの鎌倉 »

無料ブログはココログ