« 定員オーバー(2005年) | トップページ | にゃんこ3兄弟・次男ミカ病との闘い »

2013年9月10日 (火)

高齢化・にゃんこ3兄弟ミカ病に倒れる

Img_1859 Img_1766 Img_1861

家で最初に生まれたにゃんこ3兄弟、ミカ・クマ・むさし。

2006年7月ミカ9歳、嘔吐したのが1回目の始まりでした。

高熱と黄疸、胆性肝炎の診断でした。

病状を簡単なメモに残してあったので・・・。

40度を超える熱、もちろん食べ物・飲み物は受け付けず

点滴・抗生剤・肝臓の注射で一週間毎日通院。

段差を行けなくなり、目から生気が消えていきました。

8日目熱ががくんと下がった時、ゲル状の栄養剤とスポ

ーツドリンクを強制的に与えたのをきっかけに、5日後

には段差を克服、自発的に食べるように成りました。

でも、予断の許さない状態が続き・・・通院も続き・・・。

おしっこの色が戻るのに3週間掛かりました。

目から生気が消えた時は、もうダメかと・・・奇跡です。

食べるようになると、どんどん回復して行きました。

生きることに対する執着が、体力が勝ちました。

最初に亡くしたアニーの経験から、猫のストレスを考え

余程の事がない限り通院にこだわっています。

猫たちの凄いところは、よろよろしながらも最期まで

トイレに行くところです。

猫としてのプライドだと思っています。健気ですshine

それまでは、病気知らずで・・・

当たり前ですが、高齢化が始まっていたんです。

Img_1890

« 定員オーバー(2005年) | トップページ | にゃんこ3兄弟・次男ミカ病との闘い »

ペット」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよねぇ・・・ネコとしてのプライド、まさにその通りだと思います!confident以前うちにいたネコも、慢性腎不全に苦しみながら最後は匍匐全身(?)しながら自力でトイレに向かって行ったっけ・・・その健気な姿を思い出します。think

早いものでモデナも今年で9歳、ミカちゃんが大病を患った歳です。人間に換算すると・・・いつの間にか自分は追い抜かれてしまいました・・・coldsweats02

先日、お気に入りの看護士さん目当てにかかりつけの獣医さんで健康診断を受けてきました。(もちろんネコの・・・)モデナは体重4,25キロの筋肉ムキムキ、血液検査の結果は今のところド健康とのことでした・・・ひと安心ですcat相変わらずウ○コをした直後、キ○ガイのように家中を走り回りますcatdash

モデナ君、逞しいですね。
うらやましい限りですgood
ミサト母さんも、アイルトン父さんも
病気知らずの元気印ですから・・・happy01
でも、老いは見た目ではなかなか解らないものです。
健康診断は、ベストの選択だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1912504/53215285

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢化・にゃんこ3兄弟ミカ病に倒れる:

« 定員オーバー(2005年) | トップページ | にゃんこ3兄弟・次男ミカ病との闘い »

無料ブログはココログ