« 大人になった、クマ・ミッ君(1998年) | トップページ | アイルトン・セイナ・アラン(1998年)その2 »

2013年6月22日 (土)

アイルトン・セイナ・アラン(1998年)その1

Img_1901 Img_1911 Img_1902 Img_1903 Img_1904 Img_1905

もう、バレバレですが

アイルトン・セナ・アラン・ジャン・ケケと

主に♂はF1レーサーの名前で今に至っています。

やはり、仔猫も系統が変わると顔つきが違います。

鼻が高くなりました

« 大人になった、クマ・ミッ君(1998年) | トップページ | アイルトン・セイナ・アラン(1998年)その2 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

おお、懐かしのMP4/5!カーナンバー1番はアイルトン・セナの愛機。ニール・オートレイの手による、ホンダV10のエンジンパフォーマンスを余すことなくグッドイヤータイヤに伝えるためだけに存在するかのようなコンサバティブなマシーン・・・あ、ネコの話でした・・・よちよち歩きの可愛い子猫たち・・・思わず頬がゆるんでしまいます!アイルトン・セイナ・アランちゃん達がおぼつかない足取りで向かったその先に待っているのは・・・鈴鹿のシケインか1コーナーのグラベルか・・・!?

面白すぎですよ、シューさん
F1も昔はドライバーのキャラもテクも凄かった
鈴鹿サーキットの興奮が甦ります。

2014年マクラーレンホンダ復活。楽しみです。久々の鈴鹿出撃か

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイルトン・セイナ・アラン(1998年)その1:

« 大人になった、クマ・ミッ君(1998年) | トップページ | アイルトン・セイナ・アラン(1998年)その2 »

無料ブログはココログ